2006年12月31日

テレビが壊れて、大慌て

29日が仕事納めでした。
家族もそろったしという事で、夜(私のおごりで)お食事に行ったのですよ。
全日本の結果が気になって、さっさと帰ってきましたけどね。

しかし、全日本と食事をはかりにかけて、食事を選んだ私にバチが当たったのでしょうか?!

30日の朝、テレビをつけますと…

つかない。うんともすんとも言わない…

とうとう壊れたー!!

実は、壊れるのが時間の問題だったのですね。
電源を入れた直後のディスプレイはおもしろ画像で、写真撮ってブログ載せようかと思ってました。
ノートパソコン買った時も、ちゃんとテレビも下見していたのでした。

しかーし、こんな時に壊れるか(。>0<。)
31日はメダリスト・オン・アイスだし、フィギュアの最近の放送をハードディスクからDVDにダビングせねば…。

初売りまで待つか?
待てない!

ということで、買いに走りました。
といっても、いつもの遠い家電店になど行きたくなく、地元へ。

もう田舎でも、液晶の時代なのですね。

液晶は軽いし(私にとっての魅力ってこれだけ)、悩んだのだけれど。

しかし、私は、地デジなんて信用していないのだ。
田舎は放送開始がいつになるかわからないし、だいたい私は絶対アナログ地上波停止日は伸びると見ているのです。
そして、その頃にはまた液晶テレビはもっと安くなってるし、どうせ地デジ対応のDVDレコーダー買ってるだろうし。

だから、買ったのは、これだ!↓


一人で、17キロのテレビを2階から下ろし、21キロのテレビを2階へ運んだ私なのでした。
(何で20型と21型で、こんなに重さが違うの!)
腰がーーー(。>0<。)

ま、でもこれで、しばらくは心配いらずよね。
(展示品なのがちょっと心配だけど)

というわけで、2006年最後の書き込みが、バタバタしちゃった私でした。

訪問して頂いている皆さん、良いお年を…!!
posted by 北海道人美和 at 01:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

全日本フィギュア女子ショートと男子のちょこっと感想

今放送が終わりました、全日本フィギュア男子フリー。
放送してくれるのはうれしいけれど、深夜枠の男子。
女子に負けず、すさまじい戦いでした。
最終グループ6人、ものすごく良かったんですけど。
それぞれの魅力で。

印象に残ったのは、やっぱり優勝した高橋大輔。
オリンピックに向け、レベルアップしていたのを見た時も驚いたけれど、この進化は何でしょう…。
また新たなレベルに足を踏み込んだのじゃないかなと思います。
ほんと、心も震えるほどの素晴らしさで、これは、キター!と思います。
(夜にこの興奮は危険です)
世界選手権でも、この出来が再現されれば…。

個人的には、世界選手権日本じゃなければなー。
どんなに良い成績をとっても、自国だから…って思う人いるでしょう。私の母みたいに。
これが、全然関係ない国だったら、そんな事言わせないんだけど。
って、もう高橋大輔が、優勝するかのような心配してますけど(^o^)

神崎範之(崎は違う字だけど、表示できないの)さんは、1度見たいと思っていました。
見れただけでも、オオッ、フジテレビエライ!と思ってたけど、フリーも良かったですねー。
エキシビは、あの・あの・冬○○ですかー?!

柴田嶺くーん(。>0<。)7位だよ。
6位以内だったら、放送の可能性あったのにー。


そして、女子ショート
まず、長すぎます。放送選手が少なすぎます。
なかなか始まらなくて、イライラ。
ちなみに父も、前置きが長いと怒っておりましたよ。
TBSの亀田祭りじゃないんだからさ、昨年のハイライトやインタビューははいいから、さっささっさと試合を放送しなさい。
男子ショートの放送時間が1時間で、放送されたのは7人。
女子ショートの放送時間が2時間半で、放送されたのは10人。
何だ、これ。

そして私的に、女子ショートで最大の見所は、太田由希奈ちゃん。
あー、試合で滑っているのを見られるだけで、幸せです。
家族で見てたのに、ホロッとしてしまいましたよ。
ちなみに、超性格の悪い母ですが、「手先が綺麗ねー」って誉めてくれました。
最終グループ入りが、惜しかった(。>0<。)

って、ごめんなさい。
あとは特に感想なかったりして(^o^)
明日も、太田由希奈ちゃん、放送されますように。
そして1つでも順位を上げますように。

Cutting Edge―日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック COLORS―フィギュアスケート男子シングルフォトブック

Cutting Edge 2007 が楽しみです。
ネット書店で予約・販売が始まり次第、このブログでもお知らせしますです。
posted by 北海道人美和 at 01:25 | Comment(0) | フィギュアスケート2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

のだめカンタービレに ブラボー!!

いやー、素晴らしかったですよ。

・のだめの実家の住所がわかってて、携帯通じないのなら、104で実家の電話番号聞けばいいのに、千秋、福岡行っちゃうし…。

・そして千秋が後ろから、抱きついた〜!!!
悲鳴をあげた私です。
「オレ様を二度もふったら、もう絶対許さねぇ」
言われたい…言われたい…。妄想する(^o^)
でも、ここで終わらないのが、のだめですよね。
お父さん登場で、白目です。
見事です、玉木さん!

そしてR☆Sオーケストラのクリスマスコンサート。
Sオケで感動した、ベートーヴェン交響曲第7番。
やっぱり素敵。千秋の指揮も以前より力強い?!
でも、なんだかちょっと物足りない…。
と思っていたら、
峰が立った?!皆目配せ…。
キター!!
クルリンにのけぞりバイオリン。
涙・涙なのでした。

ラストも拍手の中終わって、良かったです。
プリマダムのように、素に戻られてインタビューでもしたら、どうしようかと思った。
(個人的にはブラボーと誰が言うのかと思っていたら、峰パパでしたね)

あと私の妹が、私があんまりおすすめするので見るようになったのですが。
観客の皆さんの演技を誉めておりました。
目の付け所がちがうな、妹よ。

あ〜あ〜、ドラマが終わって、楽しみな月曜から、憂鬱な月曜日になっちゃうなー。

のだめカンタービレ
↑Amazon内を集めてみましたリンクです。
だって、ものすごくあるんだもーん。
全部欲しいや!

っていうか、フジテレビにはオフィシャルグッズも山ほど。





 



そして、楽天にもいっぱいあるけど、ものすごいのが↓。

だじゃれ?(^o^)
posted by 北海道人美和 at 01:25 | Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

パソコン、復旧

花より男子見て、のだめカンタービレを見て、幸せな気分で、
「さあ、感想をブログに書くぞ!」と思ってパソコンを立ち上げた私を待っていたのは、壁紙なし、マウス全く動かず…の、とんでもない状態でした。

約2時間、新ノートパソコンで情報を入手しつつ(ノートパソコンは有線LAN接続済み、無線LAN設定後でしよう状態)
再起動
セーフモードでの起動
抜きさし
古いマウス・今のマウスを交互に接続してみる
スキャンディスク

もうあらゆる事をやり尽くしました。
でも、もうマウス動かないのって、お手上げ。
キーボードのショートカット使っても、操作に限度があるもの。

新パソコンがあるので、正直まあなんとかなる。
しかし、お気に入りやメールのバックアップは、無線LAN設定の時に一緒にしようと思っていたので、最新は2ヶ月前のもの。

あきらめて寝ようかなと思った私が気づいたのは、システムの復元。
何時間か前の、花より男子見るまでは、普通に使ってたんだから…。

マウスが動かないから、必死でショートカットを駆使して、たどりついた復元。
昨日の復元ポイントを指定して、祈るような気持ちで待ってたら…。


復旧した〜〜〜

(。>0<。)なんだったんだよー。
ろいうわけで、のだめカンタービレへの感動は、また明日。
posted by 北海道人美和 at 02:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

太田由希奈ドキュメンタリー すぽると

Seesaaブログ、メンテナンスしてる場合じゃないよ(^o^)

いつも見ている訳ではないすぽると。

19日のテレビ欄には
「すぽると!・密着フィギュア界の宝復活まで…」

誰?とは思ったものの、どうせ安藤美姫の事だろうと見る気なし。

しかーし、なぜかチャンネル合わせてたんだよねー。
偶然。


そして、出てきたのは、太田由希奈ちゃんじゃないですか。
いやー、私は走りましたよ、DVDに。

CMがあったので、無事録画。やったぜ!

10分くらいだったけど、ドリーム・オン・アイスの使いまわしの映像もあったけど…

エライ!フジテレビ。神!ありがとう!
由希奈ちゃんの近況が、映像で見られたよ。

太田由希奈ちゃん、戻ってきてくれてありがとう!
全日本、何が楽しみって、太田由希奈ちゃんが楽しみって人は、私を含め、たくさんいるんですよー。
テレビで応援してます!

※ 荒川静香さんが、太田由希奈ちゃんと一緒の部屋になった事がある…と。
何の大会だ?


little wings―新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔 Stay Gold―フィギュアスケート編‐松岡修造のがんばれニッポン!
posted by 北海道人美和 at 23:48 | Comment(0) | フィギュアスケート2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

グランプリファイナルちょこっとテレビの感想

あとは、エキシビジョンの放送を残すだけのグランプリファイナル。
(北海道でも予定があり。良かった〜)

・まずショートの感想 (選手の敬省略)
ライサチェクの欠場とウィアー(。>0<。)は残念だったけど、充実してました。
真央ちゃんは、やっぱり素敵で、何度でも見たくなるです。
キム・ヨナ?ユナ?も、何だかふらついてたように見えたけど、真央ちゃんとは又違う魅力で見ごたえあり。
高橋大輔も、NHK杯とどちらがいいかな?と思うほどの出来で。

ところがー
夜中に結果を見て、びっくり!


・見たくないような気もしたけど、フリーの放送も見たので感想
でもね、ミスが多かったせいか、感想はあんまりないのよね。
しかし、高橋大輔は苦しそうでしたねー。頑張れ!頑張れ!でした。
まずは、マイヤーおめでとう!です。
ジュニアから見てきて応援してて、失礼ながらもうここまでなのか?と思っていたら、急な大成長。
そしてとうとうグランプリファイナル出場→表彰台
と、まだ夢を見ている気分ですわ。
&キム・ヨナは、素敵でした。
ショートが激しく&情熱的で、フリーは透明感。
絶妙です。
軽くて高いジャンプを見てると、ルー・チェンの若い頃を思い出す私なのでした。


それにしても、男子も女子も、本当に痛い結果でしたね。
どちらも優勝のチャンスがあり、ライバルとの直接対決。
特に女子は、これで世界的にキム・ヨナが上との印象が。


しかし、またしても、ロシアは日本女子選手に厳しい土地ですね。
荒川・村主・安藤で、表彰台独占?なんて過熱報道していた世界選手権。
確かあの時も、思いもかけない結果に。


で、ここからは、放送の感想
ショートは、男子・女子ともに、テレビ局的に大満足だったんじゃないでしょうか。
村主章枝、織田信成の思わぬミスもあったけれど、目玉の浅田真央・安藤美姫のノーミス&1・2。
男子も高橋大輔が2位。

これは、NHK杯のような男女優勝あり?
明日のフリーの視聴率も、ムフフって思ったのでは…。

しかし、昨年に比べたら、放送もまし?
昨年の批判・苦情が聞こえてたのか?
ロシアが遠すぎて、手が足りなかったのか?(^o^)

ただ、選手に日本語で一言言わせてましたよね。
私が見られたのは、マイヤーとジュベールだけど、かわいそうに…。
こんな無駄な時間とらせて。

あと、選手のキャッチコピー
(これって、絶対つけないといけないのかしら?私はうんざりなんだけど)
・ジュベールはマッチョということで、半裸の映像出してましたが、こういうのって…。
だいたいジュベールが、マッチョだってだれが判定したのだ?
選手はかなりな筋肉持ってるよー。
細身に見えた2年前の織田信成君。
撮った写真に偶然腹筋が写ってたんだけど、結構すごかったぞー。
今だったら、もっとすごいだろうに。
・マイヤーは、スピン何とか(^o^)
これは微妙だなー。だって、今はともかく、ほんの数年前まで、「スイスの割にはスピン得意じゃないですよねー」って言われてたんだよー。
新ルール+最近の成長ぶりを見ていても、特にスピンが上手いとは…。
ま、悪いキャッチコピーではないので、いいけどさ。
posted by 北海道人美和 at 23:56 | Comment(0) | フィギュアスケート2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

フィギュアスケート2007世界選手権チケットのプレリザーブ開始

世界選手権のチケットが、
12月16日(土) 0:00AM 〜 12月25日(月) 9:00AM
プレリザーブ開始です。

とんでもなく、入手が困難になる事が予想されますよねー。
アイスクリスタルの先行発売に外れた人も、一般発売前に、またチャレンジなのだ。

世界フィギュアスケート選手権大会2007(東京)プレリザーブ

2007年3月20日(火)〜3月25日(日)
東京体育館
一般発売日 1月13日(土) 10:00AM


風邪で仕事を休み&早引きと、長くて短かった1週間。
グランプリファイナルを見つつ、治さねば。
posted by 北海道人美和 at 00:06 | Comment(0) | フィギュアスケート2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

近況

コメントに返信や、日記も更新したいのだけど…

・ノートパソコン買いました。
・肌の診断で超乾燥肌との結果
・風邪ひいた

風邪が、辛い。

そんなわけで、更新できず、お休みなさい

posted by 北海道人美和 at 23:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

福を招くペルーのエケッコー人形がテレビで紹介されちゃったよー

今日、ダーツの旅がいつか自分の所に来ないかなと思いながら見ている「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」を見ていたら、ペルーからのクイズで、
アンデス地方の、福を招くといわれるお守りエケッコー人形

が紹介されてしまったー。
いつか、ブログに載せようと思っていたのに、先越された…(^o^)




ご覧のようにあんまりかわいくないけど…(^o^)
また注文殺到だろうか?

実は↓のサイトで見て、ちょっと気になっていたのです。
ま、ここのサイト、私好みというか、お守りとかアクセサリーとか、かなり全部欲しくて、決められなくて、まだ何にも買っていない私なのだけど(^o^)





放送されて、これはやばいという事で、楽天で検索したらあったのでした。

  

ストラップは、小さいし、価格も送料も安いし。
でも、タバコ吸わせてあげられないし、ご利益の方は…?
posted by 北海道人美和 at 20:11 | Comment(0) | テレビ番組2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

ワールド・フィギュアスケート No.25 発売

ワールド・フィギュアスケート No.25

グランプリシリーズ開幕
・スケートアメリカ
安藤美姫、マイズナー、浅田真央、織田信成、ライサチェック、井上&ボールドウィン、デンコワ&スタヴィスキー
・スケートカナダ
ロシェット、村主章枝、キム、ランビエール、高橋大輔、ウィアー、ジャン&ジャ
ン、ディブリュイユ&ローゾン
・カップ・オブ・チャイナ
シェン&ツァオ、ライサチェック、ダヴィドフ、サンデュー、シェベシュチェン、中野友加里、ドムニナ&シャバリン

チャンピオンズ・オン・アイス
荒川静香、コーエン、スルツカヤ、ランビエール、ペトレンコ、本田武史、ベレズナヤ&シハルリゼ、アニシナ&ペイゼラ

税込み¥1,890


各ネット書店へのリンク

・Amazon↓
ワールド・フィギュアスケート No.25
・楽天ブックス↓
ワールド・フィギュアスケート(25)
・bk1↓
ワールド・フィギュアスケート 25
・セブンアンドワイ↓
ワールド・フィギュアスケート  25
icon
posted by 北海道人美和 at 00:56 | Comment(2) | フィギュアスケート2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

NHK杯女子フリー・男子、ちょこっと感想

NHK杯、終わっちゃいました。まだまだ見ていたかったな。

まず女子フリー
浅田真央ちゃんが、とんでもない点数で優勝して。
今までフリーの出来が良くなかったので、自信にはなっただろうなーと思うものの…。
私、プログラムが、あんまり好きじゃあないんですけど。
もちろんこれから滑り込んで、変わっていくだろうけど。

フリーのチャルダーシュって、ジャンパーの為のジャンプだけのプログラムにしか見えないのですよ。
どんどん早くなって…という曲なのに、ずっと一定のスピードのような気がするし。表情の変化もないよね。
正直、ジャンプにそれほどの差がなかったら、他の選手のプログラムの方が、素敵だし、魅力的なんだよな。


男子 ショート&フリー

今回は、高橋大輔祭りです。
ショートもフリーも、ものすごく素晴らしかったです。
ジャンプに表現力に、メロメロです。

織田信成君は、今回は私の胸には響いてこず。

小塚崇彦君は、素敵でしたー。
柔らかくて、見ていてホッとしてしまうような滑りが心地良い。


それにしても、男女共表彰台独占!
めでたい!そして信じられない!

最近の活躍はあるけれど、1980年代からのファンとして、あの時代は夢にも思わなかった時代の到来なのですね。

ま、私の母のように
「日本での大会だからでしょ」
「海外の有力選手が出ていないからでしょ」
と言う人もいるだろうから、是非世界選手権などでも同じように活躍して欲しいです。

それにしても、こんなに活躍しちゃったら、また日本への包囲網が強まるだろうなー。


フィギュアスケートDAYS〈vol.0〉 ワールド・フィギュアスケート (20)
posted by 北海道人美和 at 23:24 | Comment(0) | フィギュアスケート2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

NHK杯女子ショート・オリジナルダンスちょこっと感想

待ちに待ってた、フィギュアスケート開幕。
テレビ朝日の放送は、私にとっては、少し長いスポーツニュース。
アメリカ・フランス大会の女子だけ見たって、気分は盛り上がらず。

やっと、本当のフィギュアスケートの試合が見れるわ。

というわけで、ほんのちょっぴりの感想。


まずは、どうしても見たかったオリジナルダンス。
タンゴは、メリハリあるし、派手だし、下位の選手でも楽しく見れて大好きです、私。

1番期待していた、ホフロワ&ノビツキーは個性的ですねー。
(KHOKHLOVAって、読みが正確なのは何?いっつも一定していないような気が)
タンゴでのみパンツ着用可…。
タンゴにパンツのイメージはないけど…、私だけ?
リフトも、いいのかなー…と。
あと、ラスト。こりすぎてて、もたもたしてるように見えるんですけど…。


そして同じく見たかったアメリカの若手、デービス&ホワイト。
素敵でしたー。
若いけれど、タンゴの感じがすごく出ていたような。
グレゴリー&ペティコフ抜かして、表彰台載って欲しいなー。

私、最近ダンスは、この組+ビアチュ&モアとか、若手が楽しみなのです。

そして、テレビに写って「やったー」と思ったのは、ザゴロドニューク&ベルビロ。
彼女、ザゴロドニュークの妹でしたっけ?
ま、とにかくどんな感じなのか、1度見てみたかったのです。
やっと、見れた!


女子ショート

真央ちゃんには、うっとり。
やっぱり、このショートはいい!
問題は、フリーですよねー。
結果はともかく、スケートアメリカよりは良いフリーを見たい!

そして、お久しぶりのダン・ファン。
顔が大人になっているものの、ジャンプが成功したー!
フリーも、テレビで放送されてくれー(^o^)


ワールド・フィギュアスケート No.25
posted by 北海道人美和 at 13:34 | Comment(0) | フィギュアスケート2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。